錦糸町のお約束、ピュアセレクションにレッツラドンw
今回のお相手は、名前忘れた。
先週の話なのに、仕事とかプライベートでちょっといろいろな事が連発で、風俗嬢の名前を忘れてしまいました。
若くて黒髪のロリっぽい子です。
かなりのスレンダーで乳房は小ぶりだけどまあまあな大きさで、なかなかおれ好みの身体です( ´∀`)つ

最初のトークで、なぜか昨日お茶を引いたという話を聞き、いろいろ残念な子なんだなーと思う。
他の子は2〜3本入ってるのに、私だけ呼ばれなかったって、それ今からプレイに入るおれに私人気ないんですよー、地雷かもねー、って言ってるもんなのに気づいていないのか。
しかも、ホテルの下着販売のポスター見て、これ買ってとか言い出してるし、最初から超ブルーにさせられてますよ、わたし。
多少の不安を抱えつつ、シャワーへはあっちからちゃんと声をかけてきたから、まだ良しとする。

しかーし、シャワーでの洗体は適当というか、洗い方知らないみたいで、とても下手でした。
泡泡は作らないし、お湯のかけ方もすげー適当だったので、かなり先が思いやられる予感。
ボディソープを手に出して、そのままおれの身体に塗ってるだけw
これ全然意味ないじゃんと思ったけど、面倒くさいから何も言わない。
ただし本人は特に下手とは思っていないようだ(((( ;゚д゚)))
シャワーはおれの後に、そんなに時間をかけずに出てきたので、これもまあまあ良しとする。

ベッドでのプレイが始まり、攻めるか攻められるか聞いてきた。
「じゃあ最初は、攻められる」と答えておいたが、これ何だか最近思うんだけど、上手い子って必ず先に自分が攻めてくるんだよね。
で、その後、「わたしもして」って、攻守を自然に交代してけれるわけ。
風俗だから、いろんなお客さんがいるから、仕方ないのかもしれないけど、質問の仕方ももうちょっと考えて欲しいよなー。
例えば、最初は「私が先に攻めてもいい?」という感じで聞いてくるとかさw
これだったら、おーこの子エロくていいな〜、っていうムラムラが増えるわけだしね。

そんな感じで、まあまあの愛撫で意外と気持ちよくなり、フェラもなかなか上手くて、ちんこはだいぶ硬くなりました。
てか油断すると、逝っちゃいそうなくらいフェラは上手かったかも。
これはマズイと思い、お尻を向けさせ、シックスナインのカタチへ。
こっちはクンニと手マンで意識をちんこから遠ざけ、射精を回避しようとするが、フェラと手コキのエロチックハリケーンが止めどなく襲ってくるもんだから、けっこうヤバかったw

そんな攻防を続けた後、嬢が「ローション使う?」と聞いてきた。
この質問もおれにとっては永遠の謎で、この質問には裏があるような気がしてならないんだよね。
だって普通だったら、ローションは使うもので、使うかどうかを聞いてくるのはナンセンスでしょ。
蕎麦屋に行って、はし使う?ってお店の人に聞かれるようなもんだよ。
そんなこといちいち聞くんじゃねーよっ、使うに決まってんだろ!て思うでしょw
だから、当たり前の質問をしてくる嬢というのは、他意があると思うんだよね。
個人的には、この質問の裏に本番する?があって欲しいが、どうなんだろう。
つまり、ローション使う=手コキか巣股になっちゃうよ、を回避するために、ローション使わない=じゃあまんこに入れちゃおうか☆みたいなねw
まあ、そこまで考えてる風俗嬢なんていないだろうけどね!
今後の質問は「ローション使っていい?」と聞いて欲しいね。
まあ中にはローションがイヤって人もいるだろうからっていう配慮の質問のはずだから、わたしは積極的に使いたいけど、使ってもいいですか?という質問が正解だよね。

と、アレコレ文句も言ってますが、その場でのおれは「いや、おれが攻めてから」と全く関係ない答えでローション回避w
キスからの首筋ぺろりんちょ、おっぱいペロペロ、乳首チロチロ、一旦上に戻って、ディープキスで舌を挿入して、舌同士を絡ませます。
ねっとりの愛撫で、ゆっーくりとまたまんこの位置までいって、さっきグチョグチョにしたところを再度ベチョベチョにして、おれ大満足(☆゚∀゚)
そのままちんこをちょいちょいとまんこに当てて、ちんこクンニw
嬢の様子を見てみると、あんまり拒絶な反応がないな、これはもしや行けるか!?

ちんこをターゲットロックオンしたまま、ディープキスをするために顔を近づけると同時に、ちんこがゴーしようとしたところでイエローカードが出ちゃいました・・・・(;´Д`)
「入っちゃうよ!」だって、そりゃそうだと思ったけど、なるほど、ではすかさず第2弾。
「じゃあゴムするね」とゴムを取り出したが、「ゴムしても絶対ダメ!」とのこと。。。
完全レッドカードです。
なのに、「お小遣いくれたらいいよ」とか言い出したよ、コノヤロー。
おれは、風俗嬢に別腹で、お小遣いあげるという迷惑行為はしないんだよ、コノヤロー。
それやったら、他のお客さんに迷惑かかるだろうが、コノヤロー。
金額の問題じゃないいんだよね、自分の行為が他人に迷惑がかかるという事が許せない。
というわけで、小遣いの件は華麗に無視を決め、仕方なく巣股で逝きましたとさ。

フィニッシュした後、なぜか自分でティッシュを取らずに、「それ取って」とおれに言いやがったからねw
おま、そういうのもお前の仕事だからなー、と心で叫んで、笑顔でティッシュ渡してあげましたよヽ(TдT)ノ
そして、勝手にひとりでシャワーを浴びに行き、仕方なく、おれも後からついていき、またやる気のない洗体をされ、もはや心はドス黒く染まっているのでした。
で、シャワーから出た後、なんとなく服を着ていると、「まだ後15分以上もあるー」とか言い出してるわけ。
けっこう残ってるんだなー、まあ軽くおしゃべりしてあげるかと思ってたら「もう帰るでしょ」とか言い出したわけw
おい、15分以上の時短を宣言か!と思って、呆れてしまい、もはや心は黒から空虚へ。
「おー」というなんだか分からない返事をして、切り上げました。

ホテル代3500円と70分コース18000円で得たものは、残念な気持ちと愉快な失敗談でした。