松戸市民の風俗体験記

松戸市民の風俗の体験記ブログです!
女の子大好き♪お酒大好き♪仕事も大好きさ♪
この世は楽しいことで溢れてる!エロスの宝物が満載!
昔は割りとふつうの日記も書いてましたw

2008年04月


選んだものが、不正解の確率8割を超えるミスター非標準。

彼は、初めて行く目的地に道を間違えずに辿り着いたことがない。

渋滞中で、二車線あれば、たいていもう片方が早く進む。

選んだものが外れる悔しみ、不快感、それをバネにまた外す。

いつしか、それがまたかという慣れと共に、むしろ自信に繋がっていくほどに。

選んだものが外れるということが、当然になればなるほど、それが快感になるのだ。

が、やはりヤマが当たらないというのは、どう前向きに考えても、損をする可能性が高いということ。

余裕を持って行動する、だけでは回避しきれない事態も起こりうるわけだし。

という訳で、ギャンブルはもう二度とゴメンだという話なのだ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
昨日の休みはホントにのんびりできたなぁ♪

リフレッシュできました(^O^)/
しかも、今週はあと三日でれば連休に突入だかんね!

毎週これなら良いな〜f^_^;
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
なんか久しぶりに、お昼寝とかしてユックリとした時間を過ごしてるかも(´Д`;)

ここんとこ、まともに休んでなかったからなぁ♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
休み中に、ネカフェに行ってきた。

なんか、難民になっちゃう人の気持ちが理解できました(´Д`)

あそこは人を心地よくダメにしてくれる♪
また行きたくなるね(笑)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


8時間寝たら、体が痛い(>_<)
どうやら、かなりオッサンとして進化しているようだよ。

いつもは6時間ぐらいの睡眠だから、それに慣れちゃったってのもあるのかな…。
少ない睡眠時間の時は、あまり眠さを引きずらないで起きれるけど、ちょっと多めに寝ると、その時のが具合悪かったりして(笑)

若い時は、いくらでも寝れたもんだけど(´Д`)
寝るということに、体力がいるんだなって身を持って知ったら、もうオッサンなんだよね。

逆も然りで、もう夜の12時過ぎると、勝手にまぶたが閉じてたりすれ時あります(笑)
起きていられないんだよ〜!

布団に入って、寝付けないとか有り得ないf^_^;
たいてい枕に頭を付けてから、10分かからないで落ちてるしね…。
のび太くんには敵わないけど、充分その素質あるのかも♪

そう考えると、歳をとるということは子供返りすることなんだと納得できるね。
なんせ、現に体感してるんだから(´Д`;)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
昨日、たまたま面白いブログを見つけて過去に遡り、一気に読んでしまった。
事実か創作かは判断つかなかったけど、日記にしてはリアル感が足りないし、創作にしては凝っている。

まあ、どちらにしろ、ネットは読み物の宝石箱や〜(*^▽^*)/(彦摩呂風)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
マックの100円コーヒーはいいよね〜(´Д`)

時間潰しには、持ってこいっす♪

かなり多用させてもらってます(*^-')b
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今日のお昼は、すき家の1.5倍盛り牛丼を食べました。

うたい文句通り、肉いっぱいで美味しくいただけたんですが…!

ひとついただけなかったのが、頼んでもいないのにつゆだくになっていたこと(`Δ´)

おれは、ご飯がベチャベチャになるのが嫌いだから、アンチつゆだくなのですよ!

むしろ、つゆは少ないほうが好きなぐらいっす。

にも関わらず、今日のように牛丼がつゆだくのときは軽く憂鬱になるのです。

店員さん、つゆだくって言ってないときは、つゆだくにしないでよ!

頼むよ、ホントに(´Д`;)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
金曜日なのに、こんな時間まで仕事…(>_<)

飲みに行く気力もでないよΣ(゜Д゜,,)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
帰りの電車の中、あまりの疲労にグッスリ寝てしまい、自宅駅を降り過ごしました。

結局、家に帰ったのは朝でした(´∀`*)ダメニンゲ-ン

終電で、椅子に座るもんじゃないね。電車の中って、気持ち良くて寝ちゃうから。

てか、二つ手前までは意識あったんだけどなぁ…(-.-;)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ